秘書になりたい!でもどうすれば良いの?

ごきげんよう。桜井でございます。

あなたは、秘書になりたいと思ったことありますか?
秘書というと、ドラマや映画などにもよく登場する人物ですよね。
社長や重役の隣に立っている姿は「デキル女」みたいで格好いいと思う方もいるかもしれません。

実際に秘書の業務は、どういうものなのでしょうか?

自分が担当する上司次第です。
だからこそ、もし、あなたが秘書に転職したいと思っているのであれば、
「誰の秘書になるのか」といったことをポイントに転職活動をしていくことをお勧めします。
「会社」ではなく「個人」で選んだ方が良いと思います。

日本は秘書課というものがあり、そこに多数の秘書が所属し自分のボスを担当することになりますが、
外国では個人付き秘書という制度がほとんどであり、外資系もこのような仕組みで成り立っています。
これは、秘書課というものが存在せず、上司直属の秘書という形で雇用されます。
非常に、シンプルなシステムとなっており、わかり易いです。
だから、まずは、自分がつきたいと思える人物を見つけて、その人に直接、提案してみましょう。

私を秘書として雇いませんか? と。

そのためにも、秘書検定を取得しておくことをお勧めします。
入社後、社内の誰かから、コネ入社じゃないか、と言われた時に、言い返せる材料になります。

秘書検定
http://jitsumu-kentei.jp/HS/index

また秘書検定では、ビジネス文書や電話応対、言葉遣いなども試験に出るので勉強をしている内にできるようになります。
このような知識は、これからあなたが転職活動をするにあたって、プラスになると思います。
あなたの美貌と笑顔、それに加えてビジネスマナーが備われば、もう鬼に金棒です。
向こうから「ぜひ、うちに入ってください」と言われるようになるでしょう。
そして、あなたが「どこの会社に入ろうかしら」と選べる立場になります。
日頃から新聞やニュースも見聞きし、知性に磨きをかけましょう。
応援しています。

※カウンセラー桜井による主観でのコラムとなります。