会社との相性について

ごきげんよう。桜井でございます。

転職活動は順調ですか?
思い通りに進んでいるのであれば、複数の企業から内定を頂くこともあるでしょう。
その時に悩んでしまうのがどの企業にいこうか?ですよね。

一般的に、転職回数は多いよりも少ない方が良いです。

合わない会社に入ってすぐに辞めて、また転職して……といったループを繰り返すことは、
非常に疲れます。
面接でも転職回数があまりにも多すぎると、その経歴は不利に働いてしまいます。

そこで実際に勤め先を決めるにあたっては、その会社とあなた自身の相性を考える必要があります。
何事も相性だと思います。
ある人にとっては辛い会社だったとしても、他の人にとっては非常に過ごしやすい会社だった、
とよくある話です。
会社に入れば、週5日実働8時間、朝から夜まで過ごすことになります。

あなたはその業界で社会人生活をします。
知り合う人の種類も、業界ごとに特色がありますから
どの仕事をするかによって出逢う人が変わっていきます。
仕事と人生は密接に結びついていますから、大事にしないといけません。

最近は、色んな会社が増えました。
日系企業であっても社員の半数以上が外国人の会社もありますし、外資系企業も東京には多数存在します。
また、リモートコントロールという勤務体系を取り入れている会社もあり、こういったところは
出社の必要がなく、カフェにいようが家にいようが、スカイプなどで連絡を取り合える
インターネット環境が揃っていれば、会社の一員として仕事をすることができます。

あなたは、ノマドワーカーという言葉をご存知でしょうか?
ノマドとは遊牧民という意味ですが、これは場所にとらわれない仕事の仕方を意味します。
全社員をノマドワーカーとし、オフィスをなくした会社も日本には存在します。
つまり、世の中には出社の必要が全くなく、どこで仕事をしようがあなたの自由であり、
週1回の会議にさえ出席すれば後は自分の好きに過ごせる、という仕事のスタイルもあります。
さらに、雇用形態は正社員です。
このように会社の種類はたくさんありますから、焦らなくて大丈夫です。
あなた自身が幸せになれる企業とご縁ができるよう、応援しております。

※カウンセラー桜井による主観でのコラムとなります。