転職の理由の答え方

ごきげんよう。カウンセラー桜井で御座います。

学卒ではなく、社会人になってからの転職ですと面接官によっては
「どうして転職をしようと思ったのですか?」
という質問をしてくることがあります。
このようなニュアンスのことを聞かれたら、どう答えたら良いのでしょうか?

まず、NGな返答はネガティブな理由を述べることです。
「前の会社の人間関係でつまずいたから」
「前の会社の仕事内容や待遇に不満があったから」
「自分に合わないと思ったから辞めた」
といった、内容です。

このようなことを面接で言ってしまうと、
「逃げの転職なのでは?」と相手が疑念を抱いてしまうことがあります。
面接官からすると、避難先として自分の会社に来て欲しくはないという気持ちがあると思います。
どんなに優秀な人材だったとしても、それは同じでしょう。

また転職の理由を相手が尋ねてくる場合
「この人物になにか欠点はないよね?」といった確認の意味も込められています。
だからこそ、安心したくて聞いてくるのです。
つまり、あなたがここですべきことは、面接官を安心させることです。

そこでお勧めの返答例が、こちらです。
「勤めているうちに自分が本当にしたいことが、見つかりました。
それが○○○(応募する企業となにかしら関連があるもの)です。
そして、その○○○を実現できるステージが御社だと思ったので応募しました。
御社の企業理念である○○○にとても共感しました。

また事業内容の○○○という部分にもとても興味があり、
そこで私の能力を発揮できると思います。
もし私が御社に入社したら、○○○(企業にとって利益となるであろうあなたの強みを述べます)を活かし、
貢献することが出来ます」

上記のようなニュアンスで答えれば、ポジティブな転職だということが面接官にもきっと伝わるでしょう。
もし良かったら参考にしてくだいね。

そのままのあなた自身で、相性の良い企業とご縁が出来るよう応援しています。
良い転職を。

※カウンセラー桜井による主観でのコラムとなります。