ビジネススキルを役立てよう

ごきげんよう。カウンセラー桜井で御座います。

転職をする時に役立つ資格やスキルはあるのでしょうか?
事実、このような質問はよく聞きます。

希望職種や業種によって異なると思いますが、
未経験者として転職をする時に、持っていると有利なスキルは「パソコン」と「英会話」だと思います。
事務職に応募するのであれば、最低限のパソコンスキルは絶対に必要です。
具体的にはWordやExcel、PowerPoint、これらのツールを不自由なく使いこなせるレベルです。
また電話対応もすることになるので、ビジネス用語を知っておく必要もあります。
正しい敬語を使えることも大切です。
面接をする際に、これらの項目はチェックされると思います。
英会話も、日常英会話レベルを身に付けておくと、転職活動においてプラスになります。
なによりも、応募できる企業の幅が広がります。
日系企業だけではなく、外資系も視野に入れることができます。
高年収も期待できるでしょう。

また大手IT企業では、社内公用語が英語になっているところも多いので、
応募の条件としてTOEIC800以上を掲げている企業もありますが、
英会話が堪能になることによってこれらの企業にも入社できる可能性が見えてきます。
パソコンと英会話は自宅にて独学で学ぶことが出来ます。
なので転職活動と並行しながらスキルを上げることも出来ます。
今のうちに自分自身に投資する事により、得する事があります。

より上の転職先を目指し、高収入を獲得するためにも、ビジネススキルを習得しておくことは、

あなたにとって利益になると思います。
もしよかったら検討してみてくださいね。

そして書類選考を見事通過し、面接に呼ばれたときは、

採用担当者から様々な質問をされることになります。
どのような質問をするのかは、担当者によって異なりますが、
全てに共通するポイントは「聞かれたことには的確に答える」ということです。
「簡潔に」答えることも重要です。
もしよかったら面接の質疑応答の際には、参考にしてください。

※カウンセラー桜井による主観でのコラムとなります。