プライベートの生活が与える仕事への影響

ごきげんよう。良縁カウンセラー桜井です。

「仕事とプライベートは別だから」とはよく聞く言葉です。

しかし、これは綺麗事でもあります。
人はロボットではなく心があります。

仕事だからといって割り切れないこともあるでしょうし、
プライベートで悲しいことがあればそれを仕事でも引きずってしまうこともあるでしょう。

また私生活が乱れていればそれが仕事でも悪影響を及ぼしていきます。
それはなぜかというと、どちらも自分自身だからです。

例えば、プライベートで直前キャンセルや遅刻をする人がいるとしましょう。
その人にとってそれはよくある事なので悪気はありません。
また友人や家族に心優しい人が多く容認されてきたこともあり、
直前キャンセルや遅刻を数多くしても、
咎められたり叱られたり痛い目をみることもなく暮らしていけました。

しかしこのように時間に遅れたり約束を守れない人は、
仕事でも同じことをしてしまい信頼を失っているかもしれません。

なぜなら約束を守るということは大事なことだからです。
約束を守る人は信頼されますし、一方で守らない人は信頼を失っていきます。
あなたが仕事で成果を出したいと思うのであれば、
私生活も充実させて人との約束は守るようにしましょう。