応募するときに重要な項目の『定款』とは?

ごきげんよう。良縁カウンセラー桜井です。

これから、あなたが求職をする際において
応募先企業の「定款(ていかん)」という項目は見るようにしましょう。

定款とは、法人等の組織における基本的な規則のことであり
会社などの社団法人が組織活動をする上での根本規則と定義されています。
つまり、会社における最も原則的な規則という意味であり
例えるならその会社の憲法のようなものです。

定款は会社を設立する場合は必ず作成する必要があり
作成した定款を公証役場という役所において認証してもらう必要もあります。
定款には「絶対的記載事項」というものがあり、そこには以下のことが記載されています。

1.目的
2.商号
3.本店の所在地
4.設立に際して出資される財産の価格又はその最低額
5.発起人の氏名又は名称及び住所
6.発行可能株式総数

ここは非常に重要な項目ですので、定款はきちんと見てから応募することをお勧めします。