お茶くみは新入社員の通過儀礼

ごきげんよう。良縁カウンセラー桜井です。

「お茶くみ」とは新人の頃は必ず経験する通過儀礼のようなものです。
何でもそうですが、下手よりは上手い方が絶対に良いです。
そこで今回は美味しいお茶の入れ方をご紹介します。

煎茶をいれるときには順序があります。

1.熱湯を茶碗に八分目に注ぐ
 これは茶碗を温めることと、お湯を適温に冷ますために行います。

2.茶碗のお湯を茶葉を入れた急須に注ぐ
 目安として1~2名ならティースプーン2杯、以後1名増えるごと1杯足していきましょう。

3.お茶を茶碗に注ぐ
 1分程度待ちこの時にお茶の濃さを均等にするため少量ずつ注ぐことがポイントです。

4.茶たくに載せる
 茶たくと茶碗がくっつかないように茶碗の下を布巾で拭きましょう。

以上が美味しいお茶のいれ方です。
もし良かったら実践してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする