ビジネスメールで気をつけること

ごきげんよう。良縁カウンセラー桜井です。

日常的なコミュニケーションとしてメールやLINEは必須のものとなりましたが、
ビジネスにおいては、どのようなメールを心がけたら良いのでしょうか?
そのポイントは5つあります。

1.簡潔なあいさつ
 冒頭に「お世話になっております」といった挨拶文を入れます。
 社内の人間に対しては「お疲れ様です」、社外の人間には「お世話になります」
 という表現になります。

2.送信する前の一手間
 送信前にもう一度読み直し誤字脱字がないかチェックしましょう。
 また添付ファイルが添付されているかどうかも再確認します。

3.件名は分かりやすく
 会社には数多のメールが届きますから、
 件名から内容が推察できるようにしておくことがポイントになります。
 「○○について」といったように簡潔に中身を表現しましょう。

4.ミスのないように
 メールは顔の見えないコミュニケーションですから対面の時よりも、
 相手に対して思いやりの心を持って書くようにしましょう。
 そしてきちんと送信されたかを確認するためにも送信後は送信済みトレイをチェックします。

5.重要案件の時は
 重要な要件の時は電話での確認も行いましょう。

以上が基本的なビジネスメールでのマナーとなります。