話し方で変わる印象

ごきげんよう。良縁カウンセラー桜井です。

今回は好印象を持たれやすい話すときの態度について、ご紹介したいと思います。

ポイントは6つあります。
1、明るくはっきりと
⇒声が小さく低いと聞き取りにくいのでハッキリとした大きな口調で言いましょう。

2、相手への気配り
⇒「お分かりいただけましたか」「次に進めて良いですか」
  と適宜、相手の理解度を確認しましょう。

3、目線に注意
⇒じっと見つめたままでいる、キョロキョロとする、
 ずっと下を見ているなどは失礼にあたります。

4、適度なテンポで
⇒早口は聞き漏らしや行き違いのもとになります。

5、メリハリや抑揚を
⇒同じ調子で続く話は退屈なので内容によって
 声の抑揚や速度を変えてみましょう。

6、的確なジェスチャー
⇒ジェスチャーが加わるだけで会話がイキイキとしてきます。

この6つのポイントを心がけるだけで、
感じのよい話し方になるので試してみてくださいね。

それでは、また。

カウンセラー 桜井