面接で特技を聞かれたらどう答えるか?

ごきげんよう。良縁カウンセラー桜井です。

今回は面接で「特技はなんですか?」と聞かれたときの対応を紹介したいと思います。

もし、あなたが面接のときに「特技はなんですか?」ときかれたら
どう答えますか?

パッと思いついた方もいると思います。
中には悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。

もし、あなたが学生時代に運動部に所属していたのであれば、
特技は○○○スポーツです」と答えるのはとても良いと思います。

体育会系の方のイメージとは
・体力がある ・頑張り屋さん ・協調性がある
など、社会に出ても必要とされる能力が備わっているからです。

では、学生時代に部活動ををしていなかった方はなんと答えたら良いのか……

些細なことでも構わないと思います。

それでも思い浮かばないときがあると思います。

今回はいくつか特技で紹介されている項目を
イメージと一緒に紹介させていただきたいと思います。

・マラソン・登山・水泳
イメージ【忍耐力がある。集中力がある。体力がある】

・美術館巡り・読書
イメージ【知識がある。向上意欲がある。物静か】

・料理・陶芸・お花
イメージ【自分の中でしっかりした世界がある。芸術的。社交的】

・○○○語
イメージ【外国人対応ができる。コミュニケーション能力が高い。知識がある】

・記憶力(人の名前と顔を覚えるのが特技)
イメージ【洞察力がある。知識がある。失礼のない対応ができる】

その他
・企画力
・絵を描く
・コミュニケーション能力
など、色んな特技があります。

それでも困ってしまった場合はANE JOBにご相談ください。

ANE JOBではそんな方々もサポートしたいと思っています。
カウンセラーさんや、企業で講師や人事を務めている人がいますので、
あなたに合った回答を見つけられると思います。

カウンセラー 桜井

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする