転職の年齢の限界は本当にあるのか

転職の年齢の限界とは

女性の転職活動に限らず、転職する限界の年齢が存在するというのは本当なのでしょうか?
それぞれの年齢に併せた転職活動についてもご紹介していきます。

ネットで検索して見るとわかるかもしれませんが、30歳や35歳などその年齢までには転職しておいた方がいいや、
その年齢を超えると転職が難しくなるなど様々なことが言われています。

転職を考える理由というのは、人それぞれですよね。
今の業界で今よりもレベルアップしたい人、別の職種に転職したい人…

ここ最近の間で転職者の平均年齢は上がってきているようです。その理由の一つとして、「少子高齢化」が言われています。その弊害として若年層が少なくなっているために結果として20代の人材を採用しにくくなっているわけです。

また人材育成やそのために割ける時間などが確保できないといった場合、は即戦力として、スキルを持った人を採用するということも十分に考えられます。これまでには、35歳という年齢が一つの基準となっていてこれが転職の限界の年齢と言われていました。皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

これは本当のことなのでしょうか?
厚生労働省が発表しているデータを見てみると、むしろ35歳以上の転職者の数は増加している傾向にあるといえます。今の日本社会は、少子化などによる人材不足などもあいまって以前よりも転職者に対する年齢の壁は低くなっていると考えることができます。これまでの経験や持っているスキルなどを見て即戦力となれるかどうかに重きをおいているのではないでしょうか。

ではなぜ、転職の年齢の限界が「35歳」と考えられるようになったのでしょうか?
理由の一つとして、その人に求めるものが高くなっているということが挙げられます。
35歳という年齢でみても一般的な企業であればそれなりも役職についていることも多いかと思います。

そこから考えてみても求めるハードルが相対的に上がってしまうと思います。
またその年齢を加味する場合はその分給与を上げなければいけませんし、
高い給料を払うならば、それなりの経験やスキルを持っている人が望ましいと企業側は考えるのです。

年齢は気にしなくてもいい?

先ほど紹介した内容は、男女関係なく全体的に言われていたことですが、
女性の場合は、「30歳」までに転職した方がいいという説がありました。

少子高齢化が進む現代では、20代の若手の世代は貴重な働き手として重要視されているのです。
若いうちから雇用することでスキルやその後のキャリアを見据えることができるのです。

そして今の方が年齢によって転職ができないという認識は薄れてきていると言うこともできます。
とはいえ、年齢が高くなればそれだけ求人数も減少していることも考えると20代のうちから転職することができれば、その後も楽になってくるはずでしょう。年齢を重ねてからいざやりたいことにチャレンジしようとと思ってもうまくいかないこともあるかもしれません。

しかも転職となればなおさら大変ですよね。
やはり即戦力として、スキルを持った人を企業側も採用したいと思うことでしょう。

だからこそ今の時期に転職して、スキルや知識を身に着けておけば周りにも差をつけることができます。
皆さんの中で既にやりたいこと、働きたい業界などあるのであれば、まさに今が転職の時期だと言えるでしょう。

ANEJOBでは、未経験やスキルなどが無かったとしてもこれからのポテンシャルを重視した採用などを行っている企業が大半です。オリンピック後は求人などが減少するとも言われていますので、これから始めようと考えている人は、今の準備を始めていきましょう。

まとめ

小さなことを一つひとつ解消していくことで、目標に確実に近づいていきます。
最後まで諦めないということももちろん大切です。初めはうまくいくことばかりではないかもしれませんが、それが積み重なっていくことで着実に前進していると思います。

皆さんの転職が上手くいくようにサポートを続けていきます。
どんな小さなことでも気になったり、疑問に思ったことは、お気軽にご連絡ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする