2020年の転職市場はどうなっているの?

売り手市場はいつまで?2020年以降の転職市場

労働人口不足と言われている今、転職市場は売り手市場になっていることは以前のメルマガでもご紹介してきました。改めて説明すると売り手市場とは、「売り手=求職者」にとって優位な市場であるということです。企業が人材不足になっていて、採用する立場としては「できるだけいい人」を「早く」採用したいと考えるため、主導権が求職者にあるタイミングです。転職活動を考えているのであれば、非常にもったいないといえるのです。

気になるのはこれがいつまで続くかということ。
結論からいってしまうと2020年のオリンピックまでと言われています。
そこからは、徐々に求人を締め切っていく企業も増えていくのではないかと予想されます。

オリンピックまではおよそ半年(2020年2月4日時点)ですが、今はまだオリンピックに向けて積極的に人材を募集している企業はまだまだあると予想できます。
転職を考えているのであれば今の時期に転職する方が様々な求人も出ているため選択の幅も広がるといえます。まだ迷っている人がいるのであれば、今から準備を始めていくことがいいでしょう。

中には、非正規雇用の求人(アルバイトや派遣)の求人も多いと言われていますが、ANEJOBでは正社員雇用の求人が多くあります。せっかく転職するなら「正社員」で転職したいという人にはもってこいかもしれません。

いつまでに転職すべきか?ピークはいつ?

さきほどもご紹介したように東京オリンピックまでは人手不足が考えられるでしょう。
逆に、オリンピック以降は景気も右肩下がりになると予想され、景気が傾く可能性が非常に高いと言われています。有効求人倍率は、経済状況や国際情勢に多大な影響を受けるため、2020年を機にどんどんと下がっていくと予想されます。だからこそ今から動く必要があるということです。

とは言ってもやるべきことが大きく変わることはありませんので、自己分析や業界・企業の分析、そして履歴書の準備など少しずつでもはじめていきましょう。前もっての準備ができていれば余裕もでてきますし、何よりも準備してきた過程が皆さんの自信となっていくでしょう。

まとめ

オリンピック以降の求人が減っていくと予想される転職市場ですが、まだ今なら間に合います。
今からでもしっかりと準備をしていけば、納得のいく転職となりえるのです。
まだ時間があるから大丈夫だとは、思わずにまずはANEJOBで求人をチェックしてみましょう。

その中には皆さんの興味をそそる求人がきっとあると思います。
ANEJOBでもいえることですが、募集の人員には限度があります。
早めに求人を締め切ってしまう場合もありますので、気になった求人はチェックしておきましょう。
また求人だけでは分からないことがあったときには積極的に質問してみましょう。

疑問点など予め解消しておけば、ギャップを減らすこともできますし、企業側にも興味をもってくれているという良い印象をあたえることにもつながってくるのでメリットもあります。

納得のいく転職を目指して頑張っていきましょう。
ANEJOB運営事務局もそんな皆さんをサポートしていきます!