転職活動でしてしまいがちな間違いとは?

敬語の使い方をマスターしよう!

皆さんが転職活動をする上でこうすればいいんだと思ってしていたことでも
実は、間違っていたということもあるかもしれません。
今回は、そんなよくありがちな間違いなどをご紹介していきます。

是非最後までお付き合いください。

面接や目上の人に対して使う敬語ですが、実は間違いと気が付かないで使ってしまっているケースが良くあります。今回はよく使われる敬語の例をピックアップしますので、自分がちゃんと使えているかを確認してみましょう。

◇尊敬語
相手を敬って使用することばです。
語尾には「れる」「られる」「なる」などその言い方が変わったりすることが多い特徴があります。

言う→おっしゃる
来る→いらっしゃる
する→なさる
見る→ご覧になる

などがあげられますが尊敬語とは目上の人に対して使われるものになるので
自分が話すときなどは使わないように注意しておきましょう。

◇謙譲語
自分をへりくだって使う言葉を指します。
つまりは、目上の人に敬意を表すために自分を低めるといった使い方をします。
言う→申す、申し上げる
行く→参る
見る→拝見する

その他にも「お~する」といったものも謙譲語になります。
※「お伝えする」など
ここで大切なのは自分の言動に対して使うのが謙譲語だということを覚えておきましょう。

◇面接で間違いやすい敬語
丁寧な言い方だったとしても面接という場では誤った言い方もあるので注意が必要です。

すみませんが→恐れ入りますが
了解しました→承知いたしました
拝見いたします→拝見します

また面接のときには、一人称を「わたくし」で統一することが望ましいといえます。
敬語をキチンと使えるようになれば、それだけ自信をもって面接や転職活動に臨むことができるでしょう。
普段から敬語を意識して使うことでいざというときにも安心できるかと思います。

気を付けるべきことはまだまだある

過信しない
転職活動を続けていれば、うまくいかず失敗をしてしまうこともあるでしょう。
特に初めて転職する人は「なんとかなる」「自分は大丈夫」と思い過ぎないこと。
過信するということはそれだけ転職活動に手を抜くということになります。
自信を持つことはもちろん重要ですが、時には客観的に自分を見てみることも必要だということです。

時間は有限!!
転職活動は新卒の場合とは違い、チャンスが1回というわけではありません。
仮に一度ダメだったとしても、また次にチャレンジすることができます。
だからこそ、まだ大丈夫だと思うのは危険だということです。

時間はまだあると思っていると転職活動が終わらないという事態になってしまうこともあるでしょう。
そんなときはいつまでに転職したいかを期限を設定することで、その目標までに何をすれば良いかを考えていきましょう。

考えすぎない
転職活動ではたくさんのことを考えてしまいがちになります。
例えば、自分がやりたいこと、もっといいい条件の会社があるはずなど、、

実質考えようと思えば、いくらでも考えることはあるでしょう。
ただし一番もったいないことは行動に移せないことです。
考えながら、行動することもできますし、行動することでしか得られないものも多くあるのです。

まとめ

転職活動とは、1回のみのチャンスというわけではなく何度もチャレンジすることができます。
だからと言って時間をかけるのもあまりおススメできません。

先ほどもご紹介したように考えているばかりでは、時間だけが過ぎていってしまいます。
時間が経てば初めの考え方も方向性も変わってくることもあります。
そして、刻一刻と求人情報を変わっていきます。

転職活動とは、今の環境を変えるということ。
これは自分で行動することで初めて得ることができるということを意識しておくといいかもしれません。

今から転職活動をしても十分に間に合います。ANEJOBでも人気のある業種などは、早々に募集を締め切ってしまうことがあるので少しでも早い「行動」をしてみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする