転職する目的を考える

転職活動する意味とは

給与や待遇
業務内容と比較しても、年収を少なく感じている女性が多い結果になっています。
特に営業職の女性は、結果を出しても評価基準が厳しく、賞与や昇給に反映されてにくいことに不満を感じる人も多いようです。

今後のキャリア
20代で気になるのは、今後のキャリアです。結婚や出産などのライフイベントを迎えても今の仕事を続けられるのかどうか、不安を感じている女性も多い結果になっています。

仕事内容
今の職場では将来を見据えてのスキルアップができないという不安を持っている女性も多くいました。
今の職場ではその問題を解決することが困難だと感じ、転職を決意する女性が増えています。

転職先が見つかるか
引く手あまたと言われる20代でも、自分に合う転職先が見つかるかどうか不安を感じている人は多いのではないでしょうか。
今の職場より仕事にやりがいがあり、なおかつ収入もアップする企業を探すのは簡単ではありません。

転職先でうまくいくかどうか

20代なら転職活動が初めてという場合も多いため、新しい職場になじめるのかどうか、
人間関係や仕事の進め方などに不安を感じる人もいます。

転職の相談ができる人を見つける
友人や知り合いなど、転職の相談ができる人を一人は見つけておきましょう。
転職活動をしていると、うまくいかないことや迷うことも出てきます。
そんな時に本音で相談できる人がいれば、強い支えになります。ただし今の仕事で関係のある人はなるべく避けるか、信頼できる人だけに限ることをおすすめします。

20代女性に合う転職サイトを活用する

今や転職サイトはたくさん存在していますが、情報収集には欠かせない存在です。
その中でも、20代女性の転職に合うサイトを活用しましょう。

特に女性に特化したものや20代向けのサイトを使い、効率よく情報を集めることが、転職成功に大いに役立ちます。

営業職とは

皆さんの中には営業に興味はあるけど

ノルマや残業がきつそう。
結婚や出産後も続けられるだろうか。

といった理由から、転職をするか悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。
営業は未経験からでも挑戦できる上に、女性の強みを活かしやすい職業でもあります。
営業として活躍できることはもちろんのこと、結婚や出産といったライフイベントに合わせた転職先を見つけましょう。

営業職のメリット
女性が男性のように、体力勝負の営業手法で売り上げを伸ばすのは簡単ではありません。
しかし女性ならではの強みを活かせば、営業で活躍することができるはずです。

例えば、女性の柔らかい物腰や、優しい雰囲気は営業相手に対して、安心感を与えることができます。
話を聞いてもらえなければ始まらない営業にとって、相手の警戒心を解くことができるのは大きなメリットといえるでしょう。

実際、女性営業に対するニーズはBtoC(企業対個人)ビジネスといった分野で増えているとも言われているので今後の動きにも注目かもしれません。

また成果さえ出していれば、営業職の時短勤務がOKな会社もあるため、ワークバランスを考えている女性にとっては働きやすいといえます。もちろん、勤務時間がいままでより短くなるため、効率の良い働き方や時間の使い方をすることが重要です。また、職場内や取引先に時短勤務の理解があることも大切です。事前の働きかけをすることは大切で、
夜間の対応ができないことを予め伝えておくとよいでしょう。女性ならではというわけではありませんが、営業職は年齢に関係なく、成果を出せば昇進・昇給も十分に期待ができます。

自分のスタイルに合った仕事

営業職は多くの企業にあり、むしろ無い方が少ないかもしれません。
そして、転職自体はそれほど難しくないかもしれません。

しかし、企業によってはノルマが厳しい、残業が多い、経費の自腹精算が多いなど、
ここでは働きたくないと思うようなブラックな会社の求人もあるのも事実です。
志望している企業の残業時間を確認するには、面接時に1日の業務の流れを聞いてみたりもいいでしょう。

自分のスタイルに合った仕事
営業職には色んな種類があるため、各自の性格に応じた営業スタイルを選んでいく必要があります。
例えば初対面では人見知りするけれど真面目な人の場合、毎回初めての人に会う訪問営業よりも、信頼を積み重ねるルート営業の方が向いているかもしれません。

あなたは転職をすることで何を手にしたいでしょうか。高収入、安定、少ない残業時間、良好な人間関係、結婚・出産後も働ける環境など、希望は色々あると思います。
求める条件を明らかにすることで、目移りせず自分にとってふさわしい求人を見つけられます。
具体的にどうやって思考を整理すればいいかわからない場合は、転職先に求める条件を紙に書き出しましょう。その中から優先順位をつけていけば、自分が転職で何を実現したいのかが明確になるはずです。

転職をする目的や希望する業界や職種に、ある程度めどが立ったら、次は条件に該当する企業を見つけるために一つでも多くの情報を集めていきましょう。社内の雰囲気はどうなのか、残業は実際のところどのぐらいしているのか、などに関して詳細に情報を集めていくことが大切です。

一つでも企業に関する情報が多ければ、それだけ判断材料が増えるということなので、小さなことにでも気を配ってみましょう。もちろん全ての情報が正しいとは限りませんが、様々な情報を整理して取捨選択することが重要です。

慣れない転職活動は、時間もかかるかもしれませんが、あきらめず一緒に頑張っていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする