やりがいのある仕事の見つけ方

やりがいのある仕事とは

やりがいのある仕事の条件や見つけ方はどんなものがあるでしょうか?

・人に役立つ仕事
・安定した収入があること
・あえてやりたくない仕事を考える

やりやりがいのある仕事が分からない、どんな仕事ならやりがいを感じることができるのか?
良く分からないまま悩んでいる人もいるのではないでしょうか。理想と現状のギャップに戸惑ってしまうことも多いと聞きます。そして今回はやりがいのある仕事の条件と見つけ方をご紹介していきます。

自分にとって楽しい仕事
仕事が忙しい、うまくいかないなどの状況になることもあるでしょうしストレスだってたまることもあります。そしてやりがいを感じることができるかどうかは、仕事が楽しいと思えるかどうかが重要です。

受動的にやらされているような仕事に就いたとしたらやりがいを感じる間もなくダラダラと続けてしまうことになってしまいます。ですが、どんな仕事であったとして楽しみを見いだすことも大切です。

やりがいの感じ方は人それぞれ
一言にやりがいと言っても感じ方は人によって違うものでしょう。
例えば、給料が高いや人の役に立つ仕事など。。。

自分にとって楽しい・役に立っていると思える仕事に就ければいうことはないですが、もちろん働いていれば大変だったり辛いこともあるでしょう。
ただし、上の二つの要素が揃っていたとしても生活が厳しいほどの給料だったとしたら続けたくとも続けていくことが難しくなってしまうので、その点をしっかりと考慮する必要があります。
3つの条件がすべて揃うことは難しいことも多いと思います。
仕事を選ぶときはこの3つを基準とすることで大きくズレることもなくなるでしょう。

ストレスを感じにくい仕事

休みがなくずっと仕事を続けることは効率的ではなく、ときには休息をとることももちろん大切です。本来の仕事というものは休みのときであっても頭の片隅で考えることができるものであるのです。つまりは自分にとってストレスを感じにくく楽であることがイコールやりがいともいえるのです。
これはストレスに強い弱いではなく、いかにその仕事と自分の相性がいいのか、それがやりがいを決める要素となりえるのです。

こんな仕事は嫌だというものを決めておく
やりがいのある仕事というのは好きなことをやりたいことです。。
人によって差異があるので共通の条件として定めることは難しいものです。

そこで逆に「絶対にやりたくない仕事」を一つ見つけてなぜそう思ったのかを考えてみましょう。
その嫌なことを逆に考えると自分が仕事に対して一番に求めているかが見えてきます。
いくら給料や待遇が良かったとしても嫌だと思うことをしていてはやりがいなどを感じることはできないということです。

まとめ

ここまでやりがいのある仕事について紹介してきましたが、
やりがいのある仕事は人によって違うので「これだ」と定義することはできないでしょう。
一つのことをやり続けて見つかることもあれば突発的に見つかることもあるでしょう。
運という要素も関わってきますが、大切なことは情報量と行動量の多さです。

やりがいはやってみて初めて気づくことも多いものですが、転職にやりがいを求めるのであれば今回のメルマガを繰り返し読んでみましょう。
きっと自分に合ったやりがいのある仕事が見つかるのではないでしょうか。

希望の条件がすべて揃うのは難しいかもしれませんが、
納得のいく転職にするために一日一日を大切にしていきましょう。