集中できない時の対処法

集中できない原因

最近仕事や転職に集中できない、、、

そんな経験はありませんか?
そんな時にどうすれば良いか?
集中力を取り戻すにはカラダひとつあればできる方法だったり、モノを活用する方法があるのです。
今回は原因と対処法があるのかその対策をみていきましょう。

☆睡眠不足

睡眠が不足するとセロトニンという成分が少なくなってしまいます。
このセロトニンが少なくなることで集中力が低下してしまう原因の一つとなるようです。
集中力の低下だけではなく、イライラの原因ともなります。この状態では気が散ってしまうことにもなりますし、集中しようとしてもなかなかできなくなってしまうのです。

逆に睡眠をしっかりと取れていればそれだけ集中できるともいえます。
しかし、睡眠不足が原因で集中力が下がっている時は、自分でも気が付かないことが多いので一度自分の睡眠を見直してみましょう。

☆不安や悩み事

集中力がない時は、悩みや心配ごとを抱えていることもあるでしょう。
そんな状態では、目の前のことに集中できなくなっているのです。

楽しいことがあったとしても、人はストレスを抱えている時にはどうしてもそちらに意識が向いてしまいます。悩み事や不安は身近に潜んでいます。
そんな時は今抱えているものを紙などに書き出してみましょう。
抱えていることを全部書き出してみることで心が落ち着くという効果が得られます。

最近少し「ストレスが溜まっているかも?」と感じている人は、是非これを試してみましょう。特に決まった書き方などはありませんので、自分の思うままに書き出してみましょう。
自分でも気が付かなかった内面に気が付けるのではないでしょうか。

集中できない時の対処法

☆体を動かしてみる

そもそも集中力というのは、同じ作業や時間の経過とともに下がっていくのは必然のことと言えます。
例えば、パソコン作業をしているなら肩に力が入ったりと血液の流れが悪くなってしまいます。
その結果として腹痛、頭痛、肩凝りなどの症状ができてくるのです。
そんなときには、少しでも良いのでストレッチや外に出るなどで血液を循環させることが大切になります。
運動などの身体を動かすことで、温まり考え方もプラス思考になっていくのです。

——————————————————

☆関係ない別のことをする

全然集中できないという場合、別のことをするのがいいこともあります。
同じことに集中し続けるよりも別の物事に焦点を当てることで脳が活性化し仕事の効率化の効果が期待できます。集中できなくなったらほんの15分だけでも雑誌を読んだり、動画を見たり気分転換することで集中力をリセットできるでしょう。

——————————————————

☆身の回りを整理する

作業などを続けていると必要になってくるものも増えてくるでしょう。
そんな時にはいらない物は捨ててしまうのがベストと言えるでしょう。

人間は、目の前に情報が入ってくると意識していなくてもそこに意識が向いてその情報を処理しようとしてしまいます。つまりは集中したいことに集中できなくなってしまうということです。
もし片付ける場所がないなと思うようでしたら乱雑においておくのではなく、積み重ねて整理しておくことでも大丈夫です。また目をつぶることで少し疲れた時や休憩時に集中力を高めるための準備としてもいい方法かもしれません。

まとめ

意外と集中力がない状態というのは気づきにくいものです。
自覚していないけれど、漫画を読み続けてしまったなんてことも集中力が切れている証拠でしょう。
これに対応するには、早めにその状態に気づくべきです。
自分の行動から判断し、明らかに集中力がなくなっている時はご紹介した対処法を試してはいかがでしょうか?

人は常に集中力を維持することは難しいのものです。
集中力が切れてしまったらそのまま続けるのではなく、思い切って休んでみてもいいかもしれません。
ここまで読んでいただき、自分にあてはまっていることがありましたら一度試してみてはいかがでしょうか。今回のメルマガをきっかけに一度自分のことを振り返ってみてください。

そして、心機一転新しい気持ちで転職活動に励むことができるでしょう。
皆さんの転職活動がベストの状態で進んでいけることを願っています。