20代の転職に役立つ資格とは?

20代の転職に役立つ資格とは?

前回のメルマガでもご紹介しましたが、20代の転職というのは他の年代を比較すると転職がしやすいと言われています。

これは経験採用というよりも「ポテンシャル」採用が多い特徴が見られます。
これはANEJOBに掲載している企業も同様で20代の転職希望者の採用を積極的に行っています。

転職をするためだけのツールではなく

転職した後にどう活用していけい人材というのは多くのことを吸収するため、柔軟性や将来性を見込んでの採用を考えていることが多いと言えます。

そして20代においての資格取得の意味とは何なのでしょうか?
一般的には以下のようなものが挙げられます。

・転職活動に有利に働く
・勤勉性や将来性のアピール

また、資格を取得するときに注意したい点もあります。

・何のための転職で、なぜ資格が必要になるか
・取得するまでの労力・時間
・資格単体でアピールできるものか

そして大切なことは、資格とるか先を見据えた資格取得が必要になります。

まずは皆さんが転職したい仕事をしっかりとイメージして、資格が必要かどうかを判断するといいでしょう。逆にやりたくないことに順位づけをしてみる方法もあります。資格を取得できたとしてもやりたくない仕事でないと活用できないなんてことにならないように注意も必要になるでしょう。

こんな資格がおすすめ

☆マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)
事務職ならもちろんのこと、ビジネスでは欠かすことのできないPCスキルを身に着けることができる資格となります。ExcelやWordを使用した情報処理には必要ではないでしょうか。

様々なソフトの機能を効率的に使いこなすことのできるスキルが身につくので職場でも作業の効率化に役立ち、普段あまりパソコンを使わないという人にも事務職で働きたいという方にはおすすめの資格です。

☆秘書検定
秘書の仕事に関わらず社会人としてのビジネスマナーや敬語などを正しく使え、社会人として必要不可欠なスキルではないでしょうか。
社会人経験が少なく、不安に思っている方にも取得しておいて損はない資格です。

これから必要なこと

今回は資格についてご紹介してきましたが、大切なのは資格を取得することではありません。

取得した後、入社したあとのことを考えること。
資格を転職するためだけの道具にしないことです。
長期的に考えて自分がどのような道を進んでいきたいのか
どのようなプランを進んでいきたいのかをもう一度考えてみましょう。

資格を取ることは自分に投資すること。
資格を取るには、時間もお金もかかります。
だからこそ、自分の目的・目標に合った資格選びをしていきましょう。

もし、皆さんがこれから資格を取りたいと思うのならまずはその目的を明確にしましょう。
20代という貴重な時間を資格取得に費やすことになるわけなのでしっかりと吟味してください。