自分がどんな仕事に向いているかを考える

こんな仕事が向いている

ナイトワークで働いていた方が昼の仕事へ転職しようと思ったとき、
自分はどんな仕事に向いているのだろうと考えることもあるかと思います。

初めから「この仕事がしたい!!」という気持ちをもっている人なら
どんな準備をすれば良いかが見えてくるでしょう。

今回は、どんな仕事に向いているかを考えてもらえるように
働く時の条件などを参考に例をご紹介していきます。

条件別に向いている仕事を紹介

ナイトワークから昼の仕事をする場合は、基本的に給料が下がる場合が多いのが一般的です。

昼職でもたくさん稼ぎたい

昼のお仕事をするなら稼げる仕事が良いという人も多いかと思います。
そんな場合に向いていると思われるのが、「営業職」になります。
業界や取り扱う商材も多岐に渡っているので、たくさんの選択肢があります。

営業職の特徴としてはなんといっても歩合が付くということでしょう。
自分が頑張った分(利益を出した分)を歩合としてプラスされることができるので、
やりがいも十分あるといえます。まさに実力主義の世界ではないでしょうか。
加えて営業職を募集している求人では、未経験や経歴不問として採用活動をしている
企業が多いのも特徴のひとつといえます。

ANEJOBに掲載している企業は、未経験でかつ求職者がナイトワーク経験者という
特徴を理解してくれていますので積極的に応募することをお勧めします。

見た目を気にせず働きたい

服装や髪型など気にせずに自由に働きたいという方に向いているのが、コールセンターになるかと思います。中にはアポイントや契約を獲得すると歩合がつく場合もありますので、ある程度の自由と稼いでいきたいと思っているならば選択肢の一つとして加えてみてはいかがでしょうか?

まずは条件を洗い出してみよう

自分がどんな仕事に向いているか迷ったときには、
はじめにこれだけは外せないという条件を洗い出してみましょう。

次にこの条件に合う仕事を探してみましょう。
ANEJOBでも求人の特徴などから条件を絞ることもできますので
まずは様々な求人をチェックしてみてはいかがでしょうか。

「今はやりたいことが決まっていない」という人でも
条件にあった様々な求人を見ることによって仕事のイメージが明確になっていくと思います。

ANEJOB運営事務局としても皆さんの転職活動のお力になれるように
サポートしていきますので、ご要望などありましたらお気軽にご連絡ください。