転職活動に掛かる期間はどのくらいか?

各年代で転職期間はどのくらいか

転職活動を始めたくても、どのくらいの時間がかかるのか分からず
不安を感じている方もいるかもしれません。
実は、20代のうちに転職活動を始めた人のほとんどが短い期間で
転職活動を成功させているようです。

20代の転職活動にかかる期間は、ほとんどの方が「3ヶ月以内」と短期間のようです。
転職に関するアンケートによるとおよそ43%の人が「1ヶ月半以内」、
約48%の人は「3ヶ月以内」に転職活動を終えているようです。

このことからも実に9割の20代が3ヶ月以内に転職活動を終えているということになります。

ちなみに

30代
………………………………
「1ヶ月半以内」・・約19%
「3ヶ月以内」・・・約63%

40代
………………………………

「3ヶ月以内」・・・およそ50%
「6ヶ月以内」・・・約35%

このことから年齢が上がるにつれて期間が長くなることが分かっています。

企業は若い人材を採用したい!?

20代の転職者が短期間で内定を勝ち取っている理由とはなんなのでしょうか?
一つの理由として、若い人材は人件費を抑えやすいという企業にとってのメリットがあるのです。

とある調査では、20代男女の平均年収は350万円、30代では470万円とその差は120万円にもなるのです。
人件費は、企業にとって大きな比重を占めることが多い費用です。
その中で20代は人件費を安く抑えることが出来る人材といえることが分かります。

もう一つは、企業が求めている人材ニーズも関係しています。
20代の若手に求めるのは「即戦力」ではなく「ポテンシャル」ということが多いようで、
20代の採用は、会社の将来を支えてくれる人材を集める投資的な側面があるようなのです。
加えて「投資」的な価値を求めている場合は人柄や社風などとの相性を重視しているということです。

20代は、短い期間で決まりやすいということは確かですが、
しっかりと準備せずにいてはすぐに決まるものもそうではなくなってしまいます。

転職活動を短い期間で決める人は、しっかりとした事前準備をしているのです。

売り手市場はいつまでも続かない

上記の内容を考えてみると転職をするなら20代の内が企業側にとっても
転職者側にとってもメリットが多いということが分かりました。

今から転職を考えている人は今の内から準備を始めた方が良いかもしれません。
まだ大丈夫だからと思っていると転職の時期を逃してしまうかもしれません。

今の転職市場はかなりの「売り手」市場と言われていますが、
いつかでその状況が続くかは分かりません。

※売り手市場とは簡単に説明すると、企業の求人数が増え(人材不足などが原因)、それに対して転職者側は求人数も多いため、じっくりと転職先を選ぶことができるということ

気がついたら、自分の希望にあった求人が無かったなんてことは十分にありえます。
今の状況だからこそ準備を始めてみても良いかと思います。