マイナンバーっていったい何!?


そもそもマイナンバーとは何なのか?

簡単に説明すると日本国民の情報を12桁の数字によって整理・管理するために作られた制度のことを言います。マイナンバーによって今までよりも管理が簡単になったということでしょうか私たちにもメリットがあり市役所での手続きも簡単になり、かつ写真付きのカードであれば身分証明書としても使うことができるようになります。

ただし、個人情報が詰まっているものになるので、紛失してしまった場合は個人情報が流出するリスクもあるので保管には十分に気を付けておくことが大切です。

どんな影響があるのか?

マイナンバーが導入されたことによってナイトワークで働く方にどんな影響があるのか
ご説明していきます。

一番影響があるのは「確定申告」ではないでしょうか。店舗によって違いはあるものの、店舗とキャストの間に雇用契約が結ばれていないことがほとんどと言えるかもしれません。

例えば、キャバクラでは、基本的に決まった店舗に出勤することになっているかと思います。
このことからも「特定の店舗に所属するキャスト」と認識することが多いのですが、そうとは言い切れない点もあるのです。

では、雇用されている関係ではないとすれば、どういった関係になるのか・・
それは「個人事業主」として仕事をしていることが考えられます。アルバイトのつもりでやっているキャバクラなどの仕事も実は、自分という一人の事業者が行っている仕事の可能性があるのです。

確定申告はした方が良いか

確定申告とは皆さんがどれだけの所得を得ているかを税務署に申告することを言います。

通常、アルバイトや正社員のような従業員の場合は、会社が代わって確定申告をしてくれるため、自信で申告する必要がありません。これにより、所得が明らかになり払うべき税金が決まるのです。

そのためキャバクラなどのナイトワークで働いている人は個人事業主という扱いになるため自分で申告する必要があるのです。キャバクラの場合、「給与」ではなく「報酬」などの形でお店からお金を支払ってもらっていることが多いからです。その場合には「個人事業者」と同じ扱いになるので、確定申告の必要があります。

ただ基本的には、所得税などにについては店舗が皆さんに代わりに納税してくれていると思います。この時点では、ドレス代などの経費等は引かれていないので、税金を払い過ぎ得ている可能性があるのです。お店や人により違いはありますが、確定申告をすることで税金が戻ってくるケースもあるため、結果としてお得になることもあるのです。

ドレスなどの衣装代や、お店に出るときにしてもらうヘアメイク代も「経費にできちゃう」ってことなんです!また、お店に出勤する時や、お店から家に帰るタクシー代も経費になるんですよ!経費として計上できれば、その分戻ってくるお金も多い!それなら、申告しなきゃ損ですよね

【提出書類の入手方法】
確定申告の書類は国税庁のHPよりダウンロードすることができます。
また申告書類には「白色」と「青色」があるのですがおススメは白色だと思います。
その理由は、青色は事前の申請が必要で一度申請してしまったら青色で申告しなければいけません。そのようなことからも特に初めての方は「白色申告」で確定申告をする方が無難だと言えます。

【提出方法】
■提出方法1  管轄の税務署へ行って確定申告書類を提出する
この場合は、自分で制作した書類を税務署に直接もっていく方法と税務署で相談しながら作成することもできます。初めてで近くに税務署がある人などは相談しながら作る方法が確実かもしれません。

■提出方法2  税務署へ郵便で確定申告書類を送る
作成した申告書類は郵便送付によって、税務署へ提出することもできます。
郵送の場合の注意点は、期限に気を付けることです。
国税庁では、「通信日付印により表示された日を提出日とみなします」と案内しています。

つまり・・・
その年の3月15日が確定申告の提出期限だった場合、
3月15日の通信日付印が押されていれば期間内提出とみなされるのです。

【確定申告の時期(2018年度)】
■所得の計算時期:その年の1月1日~12月31日まで

■申告期限:2月18日(月)~3月15日(金)

今まで確定申告をしたことが無いという人もこれを機に申告してみてはいかがでしょうか。初めての方は分からないことや慣れないことなども多いかもしれませんが、メリットも多いので検討してみてください。