正社員と契約社員の具体的な違いとは?


どちらを選ぶか

転職を決意したとき皆さんは、「正社員」と「契約社員」のどちらを選びますか?
将来性を考えたら、やっぱり正社員の方がいいという人もいるかもしれません。

一般的には正社員の方が福利厚生などの条件で恵まれているように思えますが、
もちろん契約社員にも魅力はあるのです。

今回は、正社員・契約社員それぞれのメリット・デメリットについてご紹介していきます。

正社員のメリット・デメリット

【メリット】
・安定した雇用
正社員の特徴としてその雇用が保証されているということです。
自分から退職するなどではない限り、会社側から解雇されるようなことは
滅多にありませんので、安定していると言えるかもしれません。

・福利厚生の充実
福利厚生の範囲が広く設定されていることが多いといえます。
どのようなものかは企業によって異なりますが、社会保険などの福利厚生は
しっかりと完備されていることでしょう。

【デメリット】
・長期休暇がとりづらい
仕事にも慣れてくると、それに見合った責任ある仕事を任されることが多いので、
長期休暇をとりづらい傾向にはあるようです。
絶対取れないという訳ではありませんが、仕事と上手く相談することが必要となってくるでしょう。

・副業ができない
就業規則で副業を禁止している企業は多くあります。
給料だけで生活できるということを入社前に調べておかないと
生活が出来ないという危険性も出てくるのです。

契約社員メリット・デメリット

【メリット】
・やりたいことが存分に生かせる
得意分野やもっている技術を最大限に活かしたしs事ができると言えます。
頑張った分だけ稼ぐことができる職種もありますので、
もっと稼ぎたいという方にがおススメかもしれません。

・プライベートも充実させることができる
契約社員は雇用契約ごとに条件が新しくなることも多いため、
自分の好きなことに使える時間も確保できるかと思います。

【デメリット】
・賞与が少ない
正社員とは違い、賞与をもらえたとしても少ない傾向にあるようです。

・雇用期間
契約社員の特徴として正社員とは違い、雇用については期間が定まっているため
契約期間終了後のことを考えておく必要があるでしょう。

正社員と契約社員とでは、何を大切にするかは、その人によって違います
現在では、女性の働き方も見直されつつあります。
正社員や契約社員のどちらか選ぶ際は、これからのライフプランや目標を考えてみてください。

将来どうなりたいかということを思い描くことで、目標に近づくための最適な選択が見えるようになってくるのではないでしょうか。