面接で印象をアップさせるためのボディーランゲージとは

印象を良くするためのボディーランゲージとは

履歴書(職務経歴書)、スーツなど印象を良くするための要素はたくさんあります。
人の印象は、「3秒で決まる」「見た目が9割」とも言われています。

面接の場面では、身だしなみをまずは見られると言ってもいいでしょう。
面接以外でもいえることですが、身だしなみがしっかりとしていれば、それだけでちゃんとした人なんだなと相手に印象付けることができるわけです。
このようなことは、面接だけに限った話ではありません。
しかし、印象をもっと良くする別の方法が存在します。
それが、ボディーランゲージと言うわけです。

今回はそんなボディーランゲージを使って印象を良くするヒントをご紹介していきます。

こんなボディランゲージが使える

☆アイコンタクト
人の目をみて話すことは基本で当たり前のことだと思うかもしれません。
特に重要なのは自己紹介をするときだと言われています。

その理由として、アメリカの研究ではアイコンタクトをする人は、しない人よりも
知的に見えることが分かっています。自分が話すときだけではなく話している人を見ることも
大切なことなんです。ですが気を付けなければいけないこともあります。
それは、やりすぎてはいけないということです。
目ばかりを見続けるのではなく、鼻や口などのパーツを2秒づつくらい見るようにすると
良いのだそうです。

☆うなづく
これも基本といえるかもしれないボディーランゲージと言えるでしょう。
例えば、面接官が話している間、うなずくようにすればあなたがしっかりと話しを聞いてくれていると思ってくれるかもしれません。
その時に、笑顔を挟むようにすればポジティブな印象を受けることにもなるでしょう。
もちろん面接の場面ではそれだけに集中するという訳にはいきません。
事前にどんな質問が来るかなどを想定して準備しておくことも大切です。

内定を獲得するために

面接におけるボディーランゲージとはあくまでも相手にポジティブな印象をもってもらえるようにするツールのようなものといっていいかもしれません。

もちろん実践したからといって100%の効果を発揮するものとはいえないでしょう。
とはいえ、ネガティブな印象を受ける人も少ないでしょう。

しかし、何事もやりすぎには注意が必要です。
相手に不快感を与えないように反応を見ながら適切なラインを見極めることが大切でしょう。

初めはボディランゲージを面接で使うのは簡単ではないかもしれませんが、それが自信となり内定へと近づくための一歩となっていくと思います。