転職活動をするなら秋以降が良いタイミングとは

なぜ秋は転職に良い時期なのか

企業は4月や9月といった時期に人材の採用計画を立てることは多いものです。 ここ最近では、下半期の求人数も増えてきており、秋はまさに転職シーズンともいえるのです。 それでは、具体的にどんな理由があるかを見ていきましょう。

☆その1☆

転職活動しやすい時期であること
これはどういうことかというと秋は暑くもなく寒くもない季節だからということ。
なるといったメリットもあるかと思います。夏の暑い日差しや冬の冷たい風の中を動き回るといったことがないため負担が少なくそれに秋の季節は年間を通しても祝日が多い時期といえます。 転職活動に割ける時間も確保しやすくなるため、よりベストな状態で臨むことができるということではないでしょうか。

☆その2☆

多くの企業で新卒の採用が落ち着き、中途採用にも目を向け始める

年度の前半というのは企業にとって新卒の採用に力を入れる時期といえます。 一方秋ごろというのは新卒の採用がひと段落し、中途の人材採用に目を向け始める時期になっていきます。 そのために、中途採用の募集が増えてくるので、転職するチャンスの時期だといえるのです。

この時期にやるべきこと

ここまで秋という時期がなぜ転職に適していると言われているのかその理由について説明してきました。
では、この時期にやっておくべきことにはどんなことがあるのでしょうか。

自己分析をやる
時期に関わらず準備しておきたいことの一つといえます。 なぜ、転職したいと思ったか。今後はどうキャリアを積んでいきたいか具体的に思い浮かべてみて下さい。 現状ではかなわない理由やどのような会社であればそれが満たされるのかはっきりさせておくことは ブレずに活動するためには必要な準備かと思います。

職務経歴書の作成
履歴書と同じくらいに重要な書類が職務経歴書になります。
職務経歴書は特に体裁が決まっているわけではなく書き手に左右される部分もあります。
ギリギリになってから用意するのではなく、前もって作成する練習をしておけば、 余裕をもって面接にも臨めるのではないでしょうか。

情報収集から知識を身に着ける
こんな会社に就職したいなどの方向性が見えてきたら、
まずは自分の希望に沿った企業を探すことから始めてみましょう。
ある程度の目星がついてきたら、仕事内容や会社の社風、雰囲気など
得られる情報は集めておいた方が良いでしょう。

実際に入社してから、想像とは違ったとならないために防止策にもなるかもしれません。

まだ間に合う転職活動

秋という季節が転職活動を行うにあたってどのような利点があるのか。
どういった観点で転職を進めていけば良いのか説明してきました。

これから転職活動を行う人も、既に始めている人にとっても今の時期は、
転職するチャンスが広がっています。