営業について深く知ろう

営業にはこれだけの種類がある

一言に営業といってもたくさんの種類が存在しています。 その中でも典型的なものをご紹介していきたいと思います。

営業の対象別の種類

個人:
個人が相手になるため、厳しい断られ方をする場合もありえます。しっかりと相手のことを常に意識しながらの商談がポイントになってくるでしょう。

法人:
企業を相手に営業活動を行います。相手も企業になります。そのため規模も大きく、営業力が問われます。

営業手法について

新規営業:
その名の通り、新規のお客様に対して営業する手法です。例えば、飛込み営業やテレアポといったやり方もあります。

反響営業:
これは、相手からの問い合わせに対しての営業手法になります。ホームページや広告などみて連絡があった場合にアポイントを取得するといった手法になります。

ルート営業:
既に顧客となっている企業に営業に伺うものになります。商品を納品した際に新商品の情報を提供したり新しい案件がないかなどをヒアリングを行ったりします。

営業の種類には、上記で紹介しましたようにさまざまなものがあります。
例えば、それぞれの種類を組み合わせたとすると全部で18種類もの営業の種類が存在することになります。
例)「メーカー」「法人」「新規」

これはあくまでも一例になりますが、より細かく分類していけばもっと多くの営業の種類が現れてくるでしょう。営業を希望する人はそんな組み合わせからどんな会社にするか選ぶこともできるかもしれません。

営業は転職しやすい?

特に20代で転職を考えている人の多くは、未経験の職種や業種にチャレンジしている傾向が強いようです。
実際にも営業が全くの未経験の方でも積極的に採用しようと考えている企業はよく見られます。ANEJOB内でも未経験から積極採用している企業も多く掲載していますので是非チェックしてみてください。
あなたに合った1社が見つかるかもしれません。また、営業職とは皆さんの実力次第で稼ぐこともできます。
こういった場合に女性特有のコミュニケーション能力を生かした営業をすることだってできるようになるかもしれません。ただしその反面、注意するべきこともあります。
例えば、プライベートと仕事を両立させたいという希望があった場合には、月の残業時間はどのくらいなのか残業代は出るのかなどもチェックしておくべきかもしれません。

「入社してから気が付いた」となってしまわないようにしっかりと事前に確認しておきましょう。
納得のいく転職とするためにも準備は大切です。