年代によって変わる転職のポイント

年代によって変わる考え方

人が違えば、考え方が変わるように年代も変わってくれば、考え方や仕事に対する価値観が 変わってきても不思議ではありません。そこには、その後の人生に大きく関わってくるライフイベントも考慮しなくてはならないでしょう。 ライフプランを明確に考えられる人はそう多くはいないかもしれません。 しかし、ここで大切なことは完璧さを求めてはいけないことかもしれません。ぼんやりと大まかなものでもいいので、考えておきたい要素のひとつだと言えます。

ここからは具体的に「20代」と「30代」とでは、どんなポイントがあり そして気をつけていくべきなのかを紹介していきます。

20代編

1.上手くいくための過ごし方

転職は勢いでなんとかなると思っている人はいませんか? 人生の中でもその大半を費やすことになる仕事に満足できているでしょうか?ここで大切なことは、20代で過ごした時間がその後の将来を決めるといっても過言ではないのです。

・どのようにスキルアップしたいか
・どんな仕事に取り組みたいか
・将来何がしたいのか

皆さん自身を大切にし、皆さんの価値観を持つことが大切なのです。 今働いている仕事や環境に疑問を持っているのであれば、それは転職するタイミングなのかも知れません。現状に満足できていない方がいましたら、一度冷静になって考えてみて下さい。 そして自分が置かれている状況を整理してみて下さい。

本当に転職するべきかが見えてくるはずです。

2.ライフプランとワークバランス

自分の将来のことを考えていますか?

・長く働ける会社が良い
・結婚・出産しても続けられる仕事がしたい
・働きやすい環境が良い

例えば、上記の3つを思いついたとしたらそのままにしてはいけません。 それぞれの理由や根拠をはっきりさせておくことが大切になるのです。

「働くぞ!」という意気込みはもちろん大事なことですが、将来のことも具体的に考えておくことは必要です。 全ての人が具体的にイメージできるとは限りません。何も考えずに後悔していますより大まかでもいいので、 プランを考えておきましょう。自分に合った働き方を転職の前には考えておきたい点です。そしてライフプランと同様に大切なのは、ワークライフバランスでしょう。 転職する上で、考えるべき欠かせない要素ではありますがその割合が高すぎると 上手くいく転職活動もそうではなくなってしまいます。

仕事とプライベートのバランスをしっかりと理解しておくことが大切です。

30代編

30代は年間約40万人の方が転職すると言われています。 この数は20代に次いで2番目に多く、転職も比較的にしやすいといえるかと思います。その中で人気のある仕事は、コツコツ頑張る「事務職」、キャリアチェンジを考えている方は「営業」や「販売」が人気 といえるかもしれません。もちろん、仕事にはたくさんの選択肢があります。 これだという職種が決まっていない方は、「人と接する」「専門性」「残業が少ない」といった やりたいことや条件などを参考に考えてみてはいかがでしょうか。そして、年齢には関係なくライフプランを考えておくことは大切です。 すでに結婚しているのか子どもはいるのかによって、転職の状況は変わってくるでしょう。

もちろんしっかりとプランを立てたからと言って必ずしもその通りに進むとは限りませんが、 その先を見据えて明確にしておいて損はないはずです。そして、予定しているライフプランを参考にその会社にどんな制度があるかを事前に調べておいても良いでしょう。 自分にあった会社を見つけるためには、事前の準備がとても大切です。満足のいく転職とするためには、今できることを精一杯やりきることは大切です。 あの時やっておけば良かったと後悔しないためにも、様々な情報を得ておくことも良いでしょう。