知っておいたら役に立つ!?色んな雑学

そもそも雑学とは何なのか?

雑学のちゃんとした定義を知っていますか?雑学とは生きていくうえではあまり役に立たないような知識というイメージがありませんか?それでは実際にはどのように説明されているのでしょうか?

雑学広く種々の方面にわたる、系統立っていない知識・学問。雑多な事柄についての知識。

とあります。皆さんはこの説明で理解できましたか?ちなみに私はあまりよくわかりませんでした。

簡単に説明すると、雑学とは色んな知識の集まりであり、ひとつひとつは意味を持っている。ただし、そのひとつひとつの関連性はあまりないという意味合いかと思われます。ここまでは雑学とはなにを指すのかを説明してきましたが、実際に仕事の現場や転職に役立つ雑学をご紹介していきます。

仕事に役立つ雑学

集中できる時間帯って?
人が集中できる時間は1日の内どの時間帯なのでしょうか。それは、午前中の10時~12時みたいなんです。なぜなら、ドーパミンやアドレナリンといった集中ややる気に関係する伝達物質が最も多く分泌するからなんだそうです。 なので、この時間に重要な仕事や集中して取り組みたい時は、捗るかもしれません。 この時間を上手く使うことで、結果として早く帰れることになるかもしれませんよ。

感情的になりそうなとき
仕事中についつい言動が感情的になってしまうことはありませんか? そんなときに使えるかもしれない雑学を紹介します。そんな時は6秒間我慢するです。 なぜなのかは、怒りの感情というものは、ピークの最大が6秒くらいなんだそうです。この6秒間をなんとか耐え切れば、ついついやってしまうことを避けることができるかもしれません。この雑学には諸説あるそうですが、もし感情的になりそうになったときは試してみてはいかがでしょうか。 その時は是非、皆さんの感想を聞かせてください。

仕事効率を落とさない睡眠時間とは?

普段みなさんはどのくらい睡眠時間を取っているでしょうか? ちなみに米国や日本で行われた調査では、7時間くらいが理想なんだそうです。 もちろん個人差はありますし。全ての人にとってというわけではないですが・・そして本題の効率を落とさない睡眠時間は、「4時間30分だそうです。 ただし、これは平日の時間であって、バランスを保つために土日は7時間は確保した方が良いようです。 また「寝溜め」は医学的に不可能らしいのですが、「睡眠不足」を解消することはできるようです。

まだまだある仕事雑学

いかがでしたでしょうか? 今回は仕事というテーマに絞って雑学を紹介しました。

雑学は、知らないだけで役立つことがたくさんあります。 ちょっと時間が空いたとき、移動時間などにちょっと調べてみてはいかがでしょうか? 一度は調べてみることをオススメします!