安易な転職には注意!!やりたいことをやるために

自分のやりたいことを実現するには?

自分のやりたいことを実現するには?
やりたいことができていない。
今の仕事が本当にやりたいことだったでしょうか?

理由は様々あれど、本当にやりたいことが出来ている人は少ない印象を受けます。
そして重要なことは「自分のやりたいこと」と、「自分に向いていること」は同じではありません。

実際に別の仕事をしてから「その違い」に気が付いたという人もいるかと思います。
今回は、転職活動を円滑に進めていくために必要な情報をご紹介していきたいと思います。

安易な転職には気を付ける

まず、知っておきたいのは、安易な転職の危険性です。
自分のやりたいことを求めて転職することは良いですが、それが上手くいかないこともあります。
ですが、やりたいことを実現しようと思った時、転職という手段は可能性の高い方法であると言えます。

やりたいことを求めて転職したはずなのに、転職後に後悔してしまう。
そういった人の話もよく聞きます。安易に転職を決めてしまうのは危険であると言えるでしょう。
いくつか例を紹介していきます。働く上で、やりたいことができるというのは非常に大切なことです。
それだけで充実感や満足感を得ることができるのも事実です。

しかし、それだけではありません。
例えば、人間関係、休日数、給料、福利厚生など、それ以外にも必要なことがたくさんありますよね。
何を優先するべきなのかそれはとても迷うことだと思います。
思い通りにいかないことの方が多いかもしれません。

どれほど重視するかは、人それぞれであり、自分が何を重視するのかというのをしっかり理解する必要があります。しかし、今の仕事は自分のやりたいことではないということから転職を考えた時、やりたいことができるかどうかに目が行きがちで、その他のことを軽視しがちなのです。
その結果として、転職した後に後悔することになってしまうのです。

転職の失敗と成功例

転職活動を行い内定をもらえたらゴールだと安心していませんか?
新しい環境で働きだすと、思いもよらないところで不満点が見つかり「転職したのは失敗だった」と思ってしまうケースがあるようです。
ここでは、「失敗だった!」と思ってしまった転職についてどんな事例があるのか紹介していきましょう。

社風が合わない
給与や休日などの条件で転職先を選んだ結果、合わない社風の仕事を選んでしまうというパターン。
どれだけ条件が良くても働きづらい環境というものは辛いものです。
このような場合は、「条件だけを見て決めなければよかった」と思うかもしれません。

未経験で転職したが、仕事が合わなかった
未経験だけど興味があってやってみたいと思い転職できたものの、
「やっぱりイメージと違った」とそのギャップを感じることがあります。

今できることをやっていない
転職を繰り返すことにならないようにするためにはどうすればいいでしょうか?
まずは、今の環境でできることを全力でやってみましょう。
やりがいがないと感じている人は周りに相談してみるのもアリかもしれません。

先のキャリアを考えていない
転職を繰り返してしまうと、将来的にはどんどん仕事が見つかりづらくなります。
キャリアアップできる転職であれば問題ありませんが、とりあえずの転職などをしていては
条件が下がってしまったりということもありえます。
転職活動は自分の将来についてを考えた上で行うようにしましょう。

ミスマッチを防ぐ努力
自分が志望している業界や企業のことを事前に調べておくことは、転職活動では重要であることをこれまでにも説明してきました。
疑問点や気になったことを解消することはミスマッチを防ぐ一つになります。
こういった点を一つずつ解決していくことができれば入社後のミスマッチを下げていくことに繋がります。

求める条件と優先順位
自分の希望を全て満たすような仕事を探すことはなかなか難しいものです。
そんな時は優先順位を決めて、妥協点を予め決めておくことが大切です。
ここで妥協点を決めておくことのメリットは、チャレンジできる求人の幅が広がってきます。

退職の理由とその目的
「なんとなく昼の職につきたい」「他に向いている仕事が、、」というあいまいな考えでは、転職活動はなかなかうまくいかないものです。そこで何のための転職なのかを明確にすることで、どのように転職活動をしていけば良いかが分かってくるはずです。

そこからどう行動するかは自分次第ですが、何をするにしても目的があるとないとでは、
目的を持って行動した方がモチベーションを保つことにも繋がってくるのです。

成功と失敗の例で紹介してきた内容は、転職活動中にで良くみられるものになります。
これから転職活動を始めるも現在転職活動真っ最中の人も参考にしていただければと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする