水商売から転職する場合の履歴書の書き方は?|実は特別じゃない?

水商売から転職する場合履歴書は必須です

「水商売に就職したとき」には履歴書はいらなかったかもしれません。
もちろん書いた人もいるかもしれませんが、職歴よりも自己PRやスキルなどが見られるケースが多いようです。

ですが、「水商売から昼職に転職する場合」には履歴書はほぼ必須です。
採用担当者は履歴書・職務経歴書を見ることで「採用してすぐに戦力になってくれるか」を判断します。

新卒の場合は「これから育てていける人材か」という部分が重要になります。
転職者でもそういう側面はありますが、やはり「育てなくても役に立ってくれるか」という見方をされやすいと考えてください。
これは、前職が水商売だからというわけではなく、どの業種でも同じです。

履歴書の書き方|水商売の実績は記載すべきか?

履歴書の書き方としてまず迷うのが、
「水商売の実績をそのまま記載しても大丈夫なのか」ということだと思います。

これについては基本的に記載しないほうが良いです。
特に公務員や金融系など堅いイメージがある職種の場合は、記載するだけでも弾かれる恐れがあります。

「不公平な……」と感じるかもしれませんが、あなた自身が「水商売と書いてもいいのかな」と思っている時点で仕方がない事だと捉えてください。

多くの面接官・企業は「水商売経験者には問題がある」とハッキリと思っているわけではありません。あまり思い悩まないようにしましょう。
基本的には「なんとなくイメージが悪いかも」「まあ落としておいたほうが無難だろう」としか考えていません。
また、「たくさん応募者がいるし、とりあえず前職が特殊な人は落とすか……」という方針を採る場合もあるようです。

それから、例えば「前職は肉体労働系だったのに、IT系のウチに転職したいなんて……」となれば、「前職とかけ離れているから落とす」という事があり得ますよね。
それと一緒で、「水商売と○○(あなたの転職希望業種)がかけ離れているから落とす」という可能性もあります。

ですから、履歴書には
「職歴 なし」もしくは「別の書き方」をしましょう。
(水商売はほとんどの場合「アルバイト」ですから、この書き方でも大丈夫です)

ただ、多くの場合は「別の書き方」のほうが良いです。
水商売でそれなりに長く働いていたのに、「職歴 なし」にしてしまうと、ニートだと思われるかもしれませんからね。

逆に水商売の実績が1年未満くらいの場合は、
履歴書に書いてしまうと「ウチの会社もすぐに辞めるかも……」と思われてしまうかもしれません。ですから記載しないのが無難です。

水商売の「別の書き方」とは?

別の書き方としては、

  • 派遣スタッフ
  • サービス業
  • 接客業
  • 飲食業

などがあります。

履歴書には会社名を書くことになりますが、
「キャバクラなどの店名」ではなく「キャバクラの運営会社の名前」を書けば、
「ああ、一般的な会社に勤めていたのだな」と思ってもらえる可能性が高いです。

履歴書に水商売の実績をそのまま記載すべき(記載してもいい)ケースとは?

もちろん、履歴書に水商売の経験をそのまま書くべき(書いてもいい)場合もあります。

1:ごまかす自信がないケース

例えば、「履歴書に派遣スタッフと記載されていますが、具体的にはどのような事をしていたのでしょうか?」と面接官に質問された場合。
このとき言葉に詰まったり、長く沈黙したりしそうなのであれば、水商売の経験を伏せないほうが良いでしょう。

この辺りは練習次第でなんとかなる部分ではありますが、
社会人は忙しいですし、一概に「面接のトレーニングでカバーしましょう!」とは私からは言えません。

2:たくさんの企業の面接を受けるケース

「多くの企業の面接を受けるので、何割かの企業には『水商売の経験』だけで落とされても構わない」という考え方です。
ある程度時間がある人であれば、この方針でも構わないかと思います。

ただし、「後の企業になるにつれて履歴書の書き方が雑になる……」という事になっては困ります。
職歴など使い回せる部分はそのままでも良いですが、自己PRなどは1社1社違う書き方をするべきです(その会社に合った書き方があるはずですよね)。

また、近年は手書きでなくパソコン作成でもOKな企業が増えました。
それは楽なので素晴らしいことですが、「コピーできる部分はコピーで……」と安易に考えていると、特に「日付」の部分を間違えやすいので気を付けましょう。

3:「水商売経験者向けの転職サイト」を使うケース

例えば「昼ジョブ」という、水商売経験者を対象とした転職サイトがあります。
そういった転職サービスを使う場合は、むしろ水商売の実績を隠すのはNGです。
(また、普通の転職サイトでもたまに「水商売経験者OK」という姿勢がうかがえる求人があります)

そういった転職サイトで求人を出している企業は、水商売経験者ならではの

  • コミュニケーション能力
  • 接客力
  • 根性
  • 負けず嫌いさ

などに重きを置いている場合が多いので、履歴書に関してはこれらを連想できる書き方をする事をおすすめします。

ただし、あくまで「履歴書」ですからスペースの都合上あまり事細かに書くことはできません。「職務経歴書」のほうをびっしり書いてください。

さて、この話を聞くと多くの人が「なんだ特別な転職サイトがあるんじゃないか」と油断するようです。
しかし、「特別」だからこそ、それほど求人数が多いわけではありません。
都心部なら「選べるくらい」には求人が出ていますが、地方の場合都道府県によっては求人数が10件未満だったりします。
ですから、あまりアテにしすぎないようにしましょう。

4:他人に紹介してもらったケース

「あなたに水商売の実績があることを知っている人」の紹介をきっかけに面接を受けるのであれば、履歴書には水商売のことを明確に書くべきです。
「水商売の実績があるからこそ」あなたを紹介しているのかもしれませんから、伏せておくべきではありません。
また、ごまかすような書き方をすると不信感を持たれる恐れもあります。

「そんな紹介なんて都合のいい話があるわけが……」と思うかもしれませんが、水商売は色々な人と関わる職種ですし、お店にはいわゆる「ハイステータスな人」が訪れやすいので、他の職業と比べれば紹介の機会は多いとされています。

ただし、紹介されたからといって必ず面接で合格できるわけではありません。
あくまで「書類選考を省略してもらえるくらい」だと考えておきましょう。
採用基準が緩くなることもないと思ってください。

では、稀なケースですが「あなたに水商売の実績があることを認識していない人」に紹介された場合はどうすればいいのでしょうか。

このケースでは履歴書には水商売の実績を書かないほうがいいかもしれません。

ただし、「あなたが、『紹介者があなたに水商売の経験があることを知っている』と知らない」という可能性もあるので、できれば「履歴書に水商売と書いても大丈夫か」など、書き方を相談してみることをおすすめします。

まとめ

水商売の実績がある人の履歴書の書き方における「特殊な部分」は、

・水商売の実績を書くかどうか
・書かないならどうごまかすか

くらいです。
その他の部分は一般的な「転職者の履歴書の書き方」と何ら変わりありません。

確かに水商売経験者だと多少転職がしにくくなるかもしれませんが、あまり気を張り過ぎずに「普通」に履歴書・職務経歴書を書きましょう。
奇をてらう必要はありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする